原状回復工事を依頼する前に知っておきたいこと

原状回復工事を依頼する前に知っておきたいこと

作業員

原状回復工事とは

店舗の基本的な賃貸借契約では、契約終了後に物件を借りた側は原則として入居時の状態に戻すことを定められています。そして、その時に必要な工事を原状回復工事と言います。原状回復工事では、店舗の場合、看板など建物に付帯しているものをはじめ、諸設備の撤去および床・壁・天井の修繕工事が必要とされています。また、水道、電気、ガスなどの設備工事を含む場合もあります。似たような工事にスケルトン工事というものがありますが、原状回復工事とは修繕する部分や状態などが異なるので注意しましょう。

スケルトン工事とは

店舗と賃貸借契約するときにスケルトン物件だった場合、退去時に新しいテナントや内装・設備機器を新設するために、再びスケルトン物件へ戻す必要があります。そして、この時に必要な工事がスケルトン工事です。スケルトン工事では建物の躯体のみを残してコンクリートの打ちっぱなしの状態にすることがほとんどです。また、一般的な住宅建築物においては躯体を残して、内装や設備機器などを取り替えする改装のこともスケルトン工事と呼ばれています。管理会社やオーナーによってはスケルトン返しでなく、そのまま居抜き物件として物件を経営するということもあるので、スケルトン物件の場合、あらかじめ確認しておくことをおすすめします。

内装解体工事とは

店舗や事務所などの内装部分の解体作業を主に行なうのが、内装解体工事になります。内装解体工事では、必ずしも内装全体の解体・撤去を行なうというわけではなく、間仕切りやカウンターなどを限定して撤去するような場合も含まれます。内装解体工事は原状回復工事やスケルトン工事とは異なり、内装のみの工事ですから範囲の狭さによっては費用が安くなることも多いです。しかし、内装解体工事では既存設備や必要な部分はどこかを見極め、何をどこまで壊すかを把握しておく必要があります。

広告募集中