建物を綺麗な状態にする現状復帰・原状回復工事

部屋

現状復帰を依頼する

退去時に現状復帰や原状回復工事が必要な場合、専門業者へ依頼することをおすすめします。専門業者は現状復帰・原状回復工事のスペシャリストなため、工事に関する知識や経験が豊富です。しかも、発注から施工までにかかる中間マージンが少なく、費用の負担が最小限に抑えることが可能です。また、アフターサービスや保証もしっかりとしているのも、専門業者へ依頼するメリットでしょう。

フロアコーティングの魅力

建物を綺麗にするという施工でフロアコーティングも最近では注目されています。フロアコーティングはフローリングに特殊なコーティング剤を施すことによって、床を保護することを目的とした施工です。フロアコーティングでは塗料にも種類があり、ガラスコーティングやUVコーティングなどは耐用年数が高く、多くのご家庭から選ばれています。また、アクリルコーティングは、ツヤや光沢が一年以上保つことができないものの、価格がリーズナブルなことからコーティング初心者に非常におすすめできます。しかし、フロアコーティングに対応している業者にも悪質業者が存在しています。フロアコーティングで失敗しないためにも、しっかりと施工業者を口コミや評判などをチェックし厳選しておきましょう。

原状回復工事に関連する情報

作業員

原状回復工事を依頼する前に知っておきたいこと

原状回復を施工業者に依頼するときには、スケルトン工事や内装解体工事との違いについて知っておくべきでしょう。原状回復・スケルトン・内装解体工事ではそれぞれで目的と仕上がりが異なります。そのため、賃貸借契約に基づいた工事を行なう必要があります。

READ MORE

原状回復工事を依頼する前に

建物から退去するときに原状回復工事が必要だった場合には、どのような手順や流れで依頼するのかをご存知でしょうか。もしも、原状回復工事を依頼する必要があるのなら、今から紹介する原状回復工事の流れについてチェックしておきましょう。

原状回復工事の流れ

お問い合わせ

電話やインターネット上のお問い合わせフォームから原状回復工事の依頼を行ないます。原状回復工事を依頼する際には、物件の所在地をはじめ、間取りや広さなどを事前に伝えておくといいでしょう。また、賃貸借契約の内容を併せて伝えておくと今後の行動がスムーズになります。

現場調査

お問い合わせした内容に基づいて、原状回復工事の専門スタッフが自宅に訪れます。そこでお客様のご希望をしっかりと伺い、現場の状態を確認した上で施工業者が最適なプランをご提案します。この時にどのような状態にしたいのかをなるべく具体的にしておくといいでしょう。

見積り書の提示

現場調査・打ち合わせをもとに施工計画書と見積り書が提示されます。施工計画書や見積り書は工事内容とそれにかかる費用が詳しく記載されています。工事をその業者に依頼するかは施工計画書と見積り書が必要に応じた内容かどうかをチェックして決めるといいでしょう。

発注から着工

ご納得が頂ければ契約書にサインし、発注から着工まで施工業者が引き受けてくれます。着工にかかる前に諸官庁へ書類提出や近隣の住宅や店舗へ挨拶を済ませておくといいでしょう。また、施工期間中は、施工業者が工事内容の確認と現状の報告を定期的に行ってくれるので、何かあればすぐに連絡するといいです。

施工完了

施工が終了すれば、いよいよ物件の引き渡しになります。引き渡しでは施工内容の説明と併せて、担当者とお客様で最終的なチェックを行ないます。ここで不満に思う点などがあれば、担当者に報告し改善してもらうといいでしょう。また、引き渡しが完了した後に何かトラブルが発生した場合には、まずは施工業者へ相談することをおすすめします。

[PR]原状回復工事はプロンにお任せ!
見積もり・現地調査を無料で対応

[PR]オフィスの現状復帰はプロに依頼
施工価格を大公開♪

[PR]フロアコーティングの失敗を未然に防ぐ!
役立つ情報を徹底リサーチ☆

広告募集中